国家試験内容について

行政書士を目指す場合、国家資格である行政書士試験に合格しなければいけません。法律に関する内容が多く、法学部出身者には有利とされています。司法書士よりは易しい試験と言われていますが、合格率は低く、難しいことには変わりありません。試験の為に必要になる勉強時間は、一般的に、半年から1年程度と言われています。国家試験に合格した後、行政書士会に登録・入会が必須となっています。行政書士事務所は、資格取得後にどこかの行政書士事務所で経験を積んだ後、個人で開業する人がほとんどです。また、女性が多いことも特徴的です。

学生宅地建物取引主任者の資格試験は、専門的な資格ではありますが、比較的内容が易しい為、受験者数が多いとされています。受験内容は、権利関係、法令上の制限、宅建業法、その他の4分野です。権利関係とは、主に民法・借地借家法・不動産登記法で、法令上の制限とは、都市計画法、建築基準法、土地区画整理法、国土利用計画法等にあたります。宅建業法については、かなり細かい出題となり、宅建業法本体をはじめ、施工例、施行規則も出ます。

このように、行政書士も宅建も、専門的な試験内容となりますので、効率良く勉強ができる専門学校へ通う方がほとんどとなっています。

専門学校受講について

行政書士の仕事とは、個人や法人、様々な顧客からの依頼を受け、官公署(各省庁、都道府県庁、警察署、市・区役所、町村役場等)に提出する必要のある書類作成、申請代行の業務を行います。業務範囲としては、主に書類作成ですが、複雑なコンサルティング業務をすることもできますので、その活躍の場をどんどん拡大しています。書類作成と一口に言っても、許認可に関わる書類として、その数は1万種類とも言われており、例をあげると、会社手続き、飲食店の開業手続き、内容証明郵便、相続の手続き等です。

勉強宅建とは、宅地建物取引主任者の資格のことで、できる仕事として、不動産の取引が主な業務となります。不動産の売買、あるいは貸したり借りたりする契約に関して、現地調査等を行い、内容証明をしたり、契約終結の一連の仕事を担っています。宅地建物取引主任者が独占的に行うことができる業務には、契約締結前の重要事項説明、及びその重要事項説明書と契約書への記名・捺印があります。つまり、不動産取引の要となる業務をするには、宅建資格を持つ人が必須ということになりますので、資格を持つことの有利さが分かります。

行政書士や宅建の仕事についてご存知でしょうか。行政書士も宅建も、どちらも国家試験に合格する必要があります。行政書士や宅建の資格をとってできる事とは何でしょうか。あまりピンとこない方も多くおられると思います。ここでは、行政書士・宅建取得の為に、仕事内容や専門学校の活用について説明します。